電気脱毛の特徴

電気脱毛の特徴

昔からある脱毛技術の一つとして、「電気脱毛」があります。こちらは皮膚科など医療機関で行う脱毛に用いられている方法です。当然、街中のエステサロンでは許可されていないものになります。医療機関で行う為、効果が高く、毛が濃い・太いなどのコンプレックスを抱えた女性に人気がある方法です。また事前の肌の状態もきちんと診断してくれるだけでなく、その後の肌の経過など、アフターフォローがしっかりとしているのも特徴です。医療機関ですので、街のサロンで断られてしまったような、比較的荒れてしまった肌でも施術が可能な場合があります。

電気脱毛にも2つの方法があります。

電気脱毛には2つのタイプがあります。
「絶縁針」で行うタイプと「ニードル」で行うタイプです。
1本1本の毛穴にいずれかの針を刺します。
そして電気または高周波を流します。
施術者は毛の流れや太さによって針を使い分けます。
こうすることで毛根部を確実に破壊していく方法です。

メリットデメリット

電気脱毛の効果は先述した通り絶大です。
ですが針を刺すという想像通り、強い痛みが伴います。
場合によってはこの脱毛の為に麻酔を行うこともあります。
当然肌へのダメージも大きくなります。
日焼けをしてしまうとシミになってしまうこともあるので注意が必要です。
また毛の流れや太さを見極める必要があるので、ムダ毛を2ミリ程度伸ばしておく必要があります。
肌への負担はもちろん、1本ずつ毛根を破壊していく訳ですからお金も時間もかかります。
ですが確実に脱毛することが可能です。